民間学童保育は送迎や外部講師の授業等サービスが充実している

民間学童保育を選ぶと何かとメリットがある

子どもに何かを教えている

学童と気軽に呼ばれていますが、学童保育には公立と民間の2つの種類があります。民間学童保育を選ぶといくつものメリットがあるため、お子さんを利用させる際に注目されているのをご存知でしょうか。
まず、一つ目は公立に比べると時間が長いことです。公立は18時までが多いのに対して、民間学童保育は19時まで利用できるため仕事が遅くなっても安心して預けられます。
二つ目は、民間学童保育の場合には送迎サービスが準備されているとこともあります。送迎サービスがあれば、時間に追われることもありません。
三つ目は、教育の内容が充実している点です。外部から講師が来ていることもあり、専門的な教育を受けられることで民間学童保育を選ぶ親御さんも多くなっています。塾に通う感覚で民間学童保育を利用できるため、非常に親御さんの関心も高くなっているのも確かです。教育面のフォローがしっかりしているため、安心して預けられるというメリットも多くなっています。
民間学童保育を選ぶとお伝えしたようにメリットがいくつもあります。これからお子さんを通わせる学童保育を探している場合には、こうしたメリットを考慮した上で公立だけではなく民間も比較・対象に入れてみることをおすすめします。

多くのことが学べる民間学童保育!

利用料金だけを比較すると民間学童保育は公立の学童保育より高くなります。しかし、利用料金が高くなる分、公立の学童保育と比較するとサービス、プログラム、利用時間の自由度が広がり、内容も充実しています。民間の学童保育は、単純に子どもを預けるだけではなく塾、各種スクールの機能を備えている場も多く存在します。公立の学童保育では、給食がない場合は家庭でお弁当を用意して子供に持たせる必要がありますが、民間の場合は給食などの用意がある場合もあります。このような点も働くお母さん、お父さんにとっては大助かりなのではないでしょうか。学習の面で言えば、民間学童保育は、お子さんの学習能力などの教育、その他能力の開発に力を入れているところもあります。例えば、公立の学童保育では小学校の校庭や体育館を使用して、学校のお友達同士でドッジボールなど楽しむという経験はあります。しかし、一般的には宿題以外の勉強、各種の能力開発の機会はほとんどありません。
一方、民間学童保育の場合は教育面では外部の講師が放課後に学童保育に派遣され、指導をしてくれるというスクールもあります。民間学童保育の場合には、民間学童保育の時間内に連携するスクールなどが送迎を行い、時間途中に他の習い事をすることが可能な場合もあります。このような場合には習い事教室や塾に通わせる感覚で、気軽に民間学童保育を利用することも可能なのではないでしょうか。

民間学童保育ならサービスが充実しているのでおすすめ

共働きがあたりまえになったこの現代では、子供を預かってもらえる学童保育というものがものすごく大切な役割を果たしています。夫婦で働きに出ているとどうしても子供を見ることが難しくなってしまうからです。
学童保育にも民間学童保育と公共学童保育の二つがあり、それぞれの都合に合った方を選ぶことになります。どちらにも利点はありますが、民間学童保育もかなり内容が充実していますので最近では利用者が増えているのが現状です。
それでは民間学童保育はいったいどんな内容なのでしょうか。公的学童保育と違う点はまず有料であるからさまざまなサービスを受けることができるという点が大きいです。たとえば送迎のサービスを受けることが可能であったり、宿題のフォローといった教育に関するサービスも受けることができます。
確かに公的学童保育は昔から人気ですが、各自治体の都合によってその数が少なくなっているという問題があるのです。そのために定員オーバーになってしまうとか、運営時間に規定があるために、各家庭が希望する時間帯に預けることができないということも往々にしてあります。
保育園の待機児童が深刻な問題として取り上げられてきましたが、この学童保育にもたくさんの問題があったのです。公的学童保育に入れることができなくなってしまう場合には、サービスも充実した民間学童保育がおすすめです。

お子様を預ける民間学童保育は信頼できる施設を選びたいものです。『ウィズダムアカデミー』は多くの直営校をもつ信頼度の高い施設ですから、安心して任せることができるでしょう。

コンテンツ一覧

  • パペットを持った笑顔の女性

    民間学童保育の利用時間は公立より長い

    皆さん民間学童保育と公立学童保育の違いはご存知でしょうか。今回は民間学童保育と公立学童保育の違いや、民間学童保育を選ぶメリットについて…

    MORE
  • 子どもに手を振るお母さん

    民間学童保育を選ぶ時に注目すべきポイントとは

    仕事などで放課後に子供の面倒を見ることができない家庭の心強い味方が学童保育です。自身が子供の頃から学校に学童保育があったという記憶を持…

    MORE
  • 勉強する男の子

    仕事でお子様の面倒を見られないなら民間学童保育を利用しよう

    仕事が夜までかかる方や、フルタイムで働いている方、残業で家に着く時間が不規則な方は、仕事が終わるまでお子様を何処かに預けたり、面倒を見…

    MORE
  • 果物が描かれたカード

    民間学童保育で小学生のお子様の面倒を見てもらおう

    子どもが小学生から帰ってくる時間までに家に居ることができないという場合や、放課後に家を空けることがあるという場合には、民間学童保育を利…

    MORE

記事リスト