民間学童保育は送迎や外部講師の授業等サービスが充実している

仕事でお子様の面倒を見られないなら民間学童保育を利用しよう

勉強する男の子

仕事が夜までかかる方や、フルタイムで働いている方、残業で家に着く時間が不規則な方は、仕事が終わるまでお子様を何処かに預けたり、面倒を見てもらわなければいけませんが、近くに頼れる人や友人がいない場合には、民間学童保育を利用して、小学生のお子様を預かってもらってはいかがでしょうか。
民間学童保育は、小学生1年生から6年生のお子様が利用することができて、放課後の居場所として活用することが可能です。
共働きであったり、様々な家庭の事情でお子様の面倒を見ることができなかったりするときに利用されることが多いですから、有効に活用してみましょう。
民間学童保育の良いところは、預かり時間が公立の学童保育よりも長いことが多く、仕事で帰りが遅くなってしまう場合も安心です。
また、様々な教育プログラムが組まれていることが多いですから、学校では学べないようなことも学べるかもしれません。
仕事の都合などで利用時間を延長したり短縮したりもできますし、利用する曜日を限定したりもできるので、柔軟な対応をしてくれるところも良いです。
仕事で忙しい場合や、働いていて小学生のお子様の面倒を見るのが難しい場合には是非、民間学童保育を利用してみてください。

コンテンツ一覧

  • パペットを持った笑顔の女性

    民間学童保育の利用時間は公立より長い

    皆さん民間学童保育と公立学童保育の違いはご存知でしょうか。今回は民間学童保育と公立学童保育の違いや、民間学童保育を選ぶメリットについて…

    MORE
  • 子どもに手を振るお母さん

    民間学童保育を選ぶ時に注目すべきポイントとは

    仕事などで放課後に子供の面倒を見ることができない家庭の心強い味方が学童保育です。自身が子供の頃から学校に学童保育があったという記憶を持…

    MORE
  • 勉強する男の子

    仕事でお子様の面倒を見られないなら民間学童保育を利用しよう

    仕事が夜までかかる方や、フルタイムで働いている方、残業で家に着く時間が不規則な方は、仕事が終わるまでお子様を何処かに預けたり、面倒を見…

    MORE
  • 果物が描かれたカード

    民間学童保育で小学生のお子様の面倒を見てもらおう

    子どもが小学生から帰ってくる時間までに家に居ることができないという場合や、放課後に家を空けることがあるという場合には、民間学童保育を利…

    MORE

記事リスト