民間学童保育は送迎や外部講師の授業等サービスが充実している

民間学童保育の利用時間は公立より長い

パペットを持った笑顔の女性

皆さん民間学童保育と公立学童保育の違いはご存知でしょうか。今回は民間学童保育と公立学童保育の違いや、民間学童保育を選ぶメリットについてご紹介します。まず、違いについてですが、民間学童保育は会社や学校法人などが運営している施設のことで、公立学童保育は各地方自治体が運営している施設のことを指します。では、民間学童保育を選ぶメリットとはなんでしょうか。メリットは2つあります。
1つ目は、教育の充実度の高さです。民間学童保育では外部の講師が施設まで来て指導してくれる場合があったり、送迎バスを使って、スクールまで送迎をしてくれる場合があったりと、プロの先生に教えてもらえる可能性があります。スイミングやバレエ、体操といった専門的なスポーツを学ぶ機会に恵まれるかもしれません。
2つ目は、夜遅くまで営業している施設が多いことです。民間学童保育は利用時間が19時以降まであったりと、長い傾向にあるので、多少仕事が長引いてしまっても、安心して子供を預けることができます。また、学校から施設までの送迎バスが用意されているケースもありますので、仕事を中断させる必要もありません。親が仕事を制限せず、子供を預けることができるのです。もし現在民間学童保育か公立学童保育かお悩みの方は、ぜひ民間学童保育を検討してみてください。

コンテンツ一覧

  • パペットを持った笑顔の女性

    民間学童保育の利用時間は公立より長い

    皆さん民間学童保育と公立学童保育の違いはご存知でしょうか。今回は民間学童保育と公立学童保育の違いや、民間学童保育を選ぶメリットについて…

    MORE
  • 子どもに手を振るお母さん

    民間学童保育を選ぶ時に注目すべきポイントとは

    仕事などで放課後に子供の面倒を見ることができない家庭の心強い味方が学童保育です。自身が子供の頃から学校に学童保育があったという記憶を持…

    MORE
  • 勉強する男の子

    仕事でお子様の面倒を見られないなら民間学童保育を利用しよう

    仕事が夜までかかる方や、フルタイムで働いている方、残業で家に着く時間が不規則な方は、仕事が終わるまでお子様を何処かに預けたり、面倒を見…

    MORE
  • 果物が描かれたカード

    民間学童保育で小学生のお子様の面倒を見てもらおう

    子どもが小学生から帰ってくる時間までに家に居ることができないという場合や、放課後に家を空けることがあるという場合には、民間学童保育を利…

    MORE

記事リスト